学術 「近視の黄斑疾患」の章を院長が担当執筆いたしました。